トラブルに対応出来る

基板のアップ

急に大事なデータが飛んでしまうと焦るでしょう。どうにか復旧できないかと色々試したい所ですがここは評判の格付けpddを活用し、効率よくデータを読み込みましょう。更に容量を増やせますので、利点も多いです。

Read...

業者に依頼して解決

パソコンの基板

Pddがパソコンに不可欠になったことで、必然的に故障が増えたのも専門業者が増えた要因だと言われています。知識も豊富なので、情報が消えてもデータ復旧の技術もありますので安心でしょう。

Read...

専門業者に依頼する

たくさんのケーブル

新しいパソコンを購入する為に販売店で買取を希望する人もいるでしょう。データ消去をしても安心はできませんので安全の為にも専門の業者へ依頼すれば犯罪に使用されることもありません。

Read...

作業の効率化が出来る

青いケーブル

仕事に必要な情報でも、重要性が高い場合もあるでしょう。しかしバックアップに時間が取れない時の為に、クラウドを活用した方法が今需要を上げています。これなら時間を気にせず負担も少ないでしょう。

Read...

選び方

独自の先進技術でお役立ち!パソコンのデータ消去ソフトウェアはこちらから。お客様のご要望に合わせたサービスを提供させていただきます!

パソコンを指す赤い服の女性

外付けhddは多数のメーカーから出ており容量、インチ、インターフェースなどいくつかタイプがあり価格も様々です。容量は一般向けとして2.5インチでは500GB〜2TBまであり、3.5インチでは500GB〜6TBまであります。 まず2.5インチの特徴としては外部電源を必要とせず持ち運びに便利です。3.5インチは基本外部電源を必要としますが据え置きで使う分には耐久性が高く速度も出ます。 では2.5インチの価格帯ですが500GBは9000円前後、1TBは15000円前後、2TBは20000円前後になるでしょう。 3.5インチですが500GBは7000円前後、1TBは13000円前後、2TBでは18000円前後、3TBは21000円前後、4TBは28000円前後になるでしょう。ここから上の容量は技術的にも難しくなり価格も跳ね上がります。6TBでは5万円前後、業界最大では8TBもありますがまだ一般的ではありません。 据え置きで使う分には3.5インチのほうが容量単価が安くコストパフォーマンスが高いと言えます。自分の用途によって検討するのが良いでしょう。

外付けHDDは昔はインターフェースがUSB1.0からUSB2.0までしかなく読み書き速度が遅く、内蔵hddの完全な代用としては使えないものでした。容量も内蔵hddと比べかなり小さく、価格も高いものでした。 しかし現代は技術の発達で大容量でも手頃な価格になり、インターフェースがUSB3.0になり内部hddと比べても問題の無い、読み書き速度を実現するようになり利便性が格段に上がりました。 とはいえ内蔵hddも同様に大容量化、速度が向上しておりまだまだ外付けとは差がある状況です。 しかし外付けhddは8TBの本格的な導入も始まり、今後もインターフェースの進化が考えられ速度向上が期待できます。 近年ではノートPCも進化し薄型で内蔵HDDを持たないものが多く出てきています。またデスクトップPCも小型化やスマートなものが出てきており、今後も外付けhddの需要は更に上がるのと同時に進化が期待出来るでしょう。